ジョブカフェSAGA

日本全国どこからでも相談ができます

若年者の就職を応援

ホーム > ブログ

ブログ

ジョブカフェSAGAとは?利用方法やできること、メリットを紹介!

2022/12/28

ジョブカフェSAGAは、若者(学生や社会人)の就職活動をサポートするために佐賀県が設置した施設です。

今回の記事では「ジョブカフェSAGA」の概要や利用方法、ジョブカフェSAGAでできること、利用するメリットや注意点などについてまとめています。

「やりたい仕事がわからないので相談したい」「就活のすすめ方を知りたい」「面接練習や対策をしたい」など就職についてお困りの方は、ぜひ今回の記事をご覧ください。ジョブカフェSAGAを利用するきっかけとなれば嬉しいです。

それでは早速見ていきましょう。

ジョブカフェSAGAとは

そもそもジョブカフェSAGAってどんな所なの?と疑問に思っている人も多いかと思いますので、まずはジョブカフェSAGAについて簡単に説明します。

ジョブカフェSAGAとは、佐賀県が設置している就職活動サポート施設です。

若年者が気軽に立ち寄れるカフェをコンセプトに、専属のキャリアアドバイザーが履歴書・ES・職務経歴書の添削、模擬面接(面接の練習)、キャリアカウンセリング、就職応援セミナーなどを実施しています。

求職中の方だけでなく、在職中の方のキャリア相談も可能です。

ジョブカフェSAGAの利用料金はどれくらい?

ジョブカフェSAGAの利用料金はどれくらいなのか?という質問をいただくことがあります。

ジョブカフェSAGAは佐賀県が設置しており「無料で利用できる施設」なのです。

無料と言っても、個別のサポートをするスタッフは国家資格を持ったプロなのでご安心ください。

どんな仕事が自分に合っているか分からないという方向けの職業適性診断や、書類・面接対策、就職に役立つセミナー、企業説明会、就職後のサポートまで全て無料で利用できます。

ジョブカフェSAGAで利用できること

さてここからは「ジョブカフェSAGAで利用できること」について詳しく説明します。

ジョブカフェSAGAでは下記のような相談・サポートが可能です。

  • ・就職・キャリア相談
  • ・職業適性診断
  • ・応募書類添削
  • ・面接練習
  • ・セミナーイベント
  • ・パソコン利用
  • ・図書閲覧

    ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

就職・キャリア相談

まずは「就職・キャリア相談」についてです。

就職・キャリア相談ではお仕事や就職、将来のキャリアに関するお悩みをプロのアドバイザーに相談できます。

就職活動のやり方が分からない、求人票の見方が分からない、職場の人間関係でモヤモヤする…など些細なことでも丁寧にヒヤリングさせていただき、一人一人に合ったアドバイス・サポートが可能です。

特に今から就職活動を始める方、就職活動をしているけどうまくいっていない方、今の仕事を続けられるか不安な方などは、ぜひ就職・キャリア相談から利用されるのがおすすめです。

職業適性診断

続いては「職業適性診断」です。

職業適性診断とは、職業に対する適性(興味・強み)を測定し、分析するための検査です。どんな職業に向いているのか自分でも分からない…という方は、受けてみると仕事探しのヒントが見つかるかもしれません。

検査の結果はアドバイザーが個別に解説してくれるので、自分に合った仕事の方向性についてより深く検討することができます。

応募書類添削

続いては「応募書類添削」です。

応募書類添削は、企業へ提出する履歴書・エントリーシート・職務経歴書などの添削サービスです。

応募書類で就職したかった企業の選考に落ちてしまうのは、とても残念ですよね。そうならないためにも応募書類をプロが添削して、書き方の修正や、より魅力が伝わりやすいベストな書類になるようなアドバイス等をします。

応募書類で不採用となってしまうことが多いという方や、これから応募書類を提出するという方は、応募書類添削サービスをぜひご利用ください。

面接練習

続いては「面接練習」です。

面接練習は就職を勝ち取る上で重要な対策の一つです。まずは面接の雰囲気に慣れること、面接での質問に動揺せずに答えられるようにすること、分かりやすく簡潔に伝えられるようにすること等、面接を通過して内定をもらう上で準備しておきたい対策はさまざまです。

一度の面接練習では本番で十分に実力を発揮できないこともありますので、何度も練習して面接に慣れておく必要があります。

面接が苦手、面接練習したくてもする場所がないという方でも安心!ジョブカフェSAGAであればサポートが可能です。

セミナーイベント

続いては「セミナーイベント」です。

ジョブカフェSAGAでは、企業合同説明会や就職に役立つセミナーなど、定期的にさまざまなセミナーを開催しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

パソコン利用

続いては「パソコン利用」です。

ジョブカフェSAGAでは、施設内で無料でパソコンとプリンター(A4・モノクロ)が使用できます。

家にパソコンがなくて履歴書やエントリーシートなどの応募書類を作ることができない、プリンターがなくて応募書類や資料を印刷できない、企業情報を探すためにパソコンを利用したい等のご要望にお応えできるよう、パソコンを設置しています。

図書閲覧

続いては「図書閲覧」です。

ジョブカフェSAGAには図書コーナーがあり、館内での本の閲覧・貸し出しサービスを行なっています。

ジョブカフェSAGAに置いてある本であれば自由に閲覧できますので、就活本を読んで対策したい、キャリアに役立つ本を読みたい、いろんなジャンルの読書をしたいという方におすすめです。

ジョブカフェSAGAを利用するメリット

ここでは、ジョブカフェSAGAを利用するメリットについて簡単に説明します。

ジョブカフェSAGAを利用するメリットは例えば、以下のようなことがあげられます。

無料で就職支援が受けられる

まずは「無料で就職支援が受けられる」という点です。

就職・キャリア相談から書類添削、面接練習まで全て無料で利用できる施設は公的施設ならでは。無料でプロが就職までサポートしてくれる、こんな心強いサービスはないですよね!

自分では探すことができなかった適性を知ることができる

続いては「自分では探すことができなかった適性を知ることができる」という点です。

自分ではこの職業、仕事が向いていると思っていても、実は仕事が合わないということはよくあることです。せっかく決めた就職先だからこそ、長く勤めたいですよね。

そのためには自分自身の適性をよく知ることが重要です。

ジョブカフェSAGAではキャリアアドバイザーが一つ一つ丁寧にフィードバックを行い、こんな職業が向いているのではないか、というアドバイスを客観的に伝えサポートすることができます。新しい発見や気づきにつながることもあり、将来の選択肢を広げることにもつながります。

日本全国のどなたでも利用可能

続いては「日本全国のどなたでも利用可能」という点です。

ジョブカフェSAGAは佐賀にある施設ですが、日本全国のどなたでも利用可能です。個別の相談や一部のセミナーはオンラインでもご利用いただけますので、佐賀まで行けないという方も安心です。

就職後もサポートしてもらえるから安心

続いては「就職後もサポートしてもらえる」という点です。

就職が決まって実際に働き始めたけれど悩んでいることがある、など就職後のサポートも行なっています。

就職が決まって終わりではなく、ジョブカフェSAGAではその後のサポートもご要望があれば可能な限りサポートします。

利用時の注意点

ジョブカフェSAGAをご利用いただく際にはいくつか注意点もあります。

まずジョブカフェSAGAを利用する際には「利用登録」をお願いしています。ホームページより簡単に登録できます。

また、ほとんどのサービスは予約せずに利用することができますが、事前に予約をしておくと待ち時間なしでスムーズにご利用いただけます。ぜひ予約してご利用されることをおすすめします。

就職相談はぜひジョブカフェSAGAへ

今回の記事では「ジョブカフェSAGA」について詳しく説明しました。


今、就職に対して何か悩みや相談したいことがある方、どんな小さなことでも構いません。誰かに相談することで、小さな一歩が踏み出せ、そこから次の展開が見えてきます。


ジョブカフェSAGAは、皆さん一人ひとりに合った就職を目指すため丁寧にサポートさせていただきます。
今回の記事で興味を持たれた方は、ぜひ無料相談からアクションを起こしてみてはいかがでしょうか。

【面接・グループディスカッションの対策方法】について解説!

2022/12/28

履歴書やエントリーシートの応募から書類選考で次のステップに進むと、企業の採用担当者との「面接・グループディスカッション」があります。

筆記試験やエントリーシートが不要という企業は意外とありますが、面接を免除する企業はほとんどありません。企業はそれだけ面接を重視しています。面接対策をしっかり行うことが内定獲得のための重要なポイントになります。

そこで今回は、面接やグループティスカッションの対策について、簡単に解説していきたいと思います。

面接の種類

まずは、どのような形式の面接があるのかチェックをしておきましょう。採用の際に実施される面接は、下記のようなものがあげられます。

1.個人面接・集団面接

2.プレゼンテーション形式

3.GD(グループディスカッション)

個人面接・集団面接

個人面接は採用担当者と学生1人が面接をする形式であり、集団面接は複数人の学生が同時に面接を受ける形式です。どちらのケースでも面接官は1人の場合もあれば複数人の場合もあります。集団面接は選考の初期段階に行われることが多いです。

プレゼンテーション形式

プレゼンテーション形式の面接では、用意されたテーマに沿って面接官の前でプレゼンテーションを行います。通常の面接と比べ、事前に準備できることが多いのがポイントです。説明や質疑応答をハキハキとできるよう綿密に準備を行いましょう。

GD(グループディスカッション)

グループディスカッションとは、選考を受けている他の学生と共に与えられたテーマに沿って議論を行う形式の面接です。

グループディスカッションは進行役や書紀、タイムキーパーなどそれぞれの役割分担をし、発表する場が設けられているため、時間内に考えをまとめ議論を進めていくことが重要となります。

個人面接の対策方法

さてここからは各面接に対しての対策方法について詳しく解説していきたいと思います。

まずは「個人面接」の対策方法についてです。個人面接を突破するためのポイントは下記のような点があげられます。

①企業研究をしっかりと行う

事前準備として、面接を受ける企業のことをしっかり研究しましょう。

企業が求める人材像や理念、目指している方向性や将来のビジョンなど、面接する企業がどのような目的を持って会社を運営しているのか把握しておく必要があります。

その上で、入社した際にあなた自身がどのような能力を発揮し、会社に貢献できるのかを伝えることが重要です。

②自己分析を徹底する

続いては「自己分析を徹底する」という点です。

自分がどのような能力を発揮できるのか、どのように会社に貢献できるのかは、自己分析を念入りに行っていないと伝えることができません。入社して何がしたいのか、なぜその会社で働きたいと思うのかなどの志望動機も同様です。

自分自身がどのような人物であるのかはっきりと形にできていないと、曖昧な回答となってしまいがちです。

ですので個人面接を臨むにあたっては、自己分析を徹底しましょう。

集団面接の対策方法

続いては「集団面接」の対策方法についてです。先ほどお伝えした個人面接の対策に加えて、集団面接ならではのポイントがいくつかありますので注意しましょう。

①質問をしっかりと聞き、他の人の発言に惑わされないようにする

集団面接は複数の学生とともに面接を受ける形式です。その為、面接中は他の学生の発言も聞くことになります。他の学生に気を取られてしまい集中力が切れてしまうこともあるので、まずは採用担当者の質問をしっかりと聞き、理解をしましょう。

また他の学生の発言に惑わされてしまい、おどおどしたりまとまりのない内容を発言してしまうことも集団面接ではよくあります。

他の人の意見が立派に聞こえたとしても気にすることなく、質問に対して自分がこうだ、と思った回答を素直に伝えることが重要です。

もし他の人と自分の意見が同じ場合でも気にする必要はありません。「○○さんと同じように、私も~~と考えます。なぜなら・・・」というように、自分なりの考えを付け加えてしっかりと説明しましょう。

②回答は簡潔にわかりやすくまとめる

集団面接では1人が発言できる時間は、個人面接と比べ少なくなります。採用担当者も限られた時間の中で複数人の人柄や可能性を判断しなければなりません。その為、回答を簡潔でわかりやすくまとめる能力が問われます。長々とまとまりのない話は集団面接ではマイナスとなりますので、事前に準備して簡潔に回答できるよう対策をとりましょう。

プレゼンテーション形式の面接対策方法

続いては「プレゼンテーション形式の面接」の対策方法についてです。プレゼンテーションは本人が準備した資料を交えながら面接官に対して説明を行います。説明内容について面接官から質問される場合もあります。論理的思考力、表現力、緻密さ、プレゼン力などさまざまな観点から見られる可能性がある面接方法です。

テーマは企業によって様々ですが、多いのは「自己PR」「学生時代に力を入れたこと」系のテーマです。自己分析をしっかり行いつつ取り組みましょう。

プレゼンテーションでは、下記のような点で対策を取っておきましょう。

①面接官と目を合わせる

プレゼンテーションでやってしまいがちなマイナスポイントは、面接官と目を合わせないことです。プレゼン面接では資料などを使って説明を行うため、どうしても目が資料に向きがちです。プレゼンの際には面接官の目をしっかりと見て話すということを意識しましょう。

②ボディランゲージを使う

プレゼンで重要なポイントの一つとしてあげられるのが「ボディランゲージ」です。

棒立ちのプレゼンテーションでは熱意が相手に伝わりません。身振り手振りを交え、聞き手により熱意を伝えられるように努力をしましょう。

③自分のプレゼンを客観的に見てもらう

プレゼンは繰り返し練習することが大切です。できればそれを第三者(家族・友人など)に見てもらうのが良いでしょう。人前で話すことに慣れることや、声のトーン・ボリューム・話し方、分かりやすさなどに意見してもらうことで、効率的に対策することができます。

もしもどうしても恥ずかしくて無理…という場合は、スマホなどの録画機器で撮影してセルフチェックすることもできます。ただ、本番でよりよい成果を出すには、やはり人前での練習をした方が効果的です。

「練習相手がいない」「知り合いに見てもらうのは恥ずかしい」という人は、ジョブカフェSAGAでアドバイザーに見てもらいましょう。

GD(グループディスカッション)の対策方法

続いては「GD(グループディスカッション)形式の面接」の対策方法についてです。

GDでは以下のような対策があげられます。

①グループのメンバーは「仲間」

GDで陥りがちなのは「グループ内で一番目立たなければいけない」「自分の意見が通れば評価される」「グループ内の人は競争相手だ」という思い込みです。実はこの思い込みのままGDを行うと、クラッシャー行為(後述)につながりマイナス評価を受ける可能性があります。

GDではグループのメンバー同士で協力してより良い結論にたどり着くことが求められます。グループのメンバーは大切な仲間ですので「全員で合格しよう!」くらいの気持ちで臨みましょう。

②発言量に気を付ける

グループディスカッションでは発言量が少ない人は評価が付けづらくなります。議論を進めることを意識しながらしっかりと発言しましょう。誰かが素晴らしい意見を発表したとしても決して萎縮する必要はありません。他の人の意見をさらに良く出来ないかを検討する姿勢を見せればきちんと評価に繋がります。

また特定の学生たちがずっと話し続けている場合には、他の学生に意見を求めるような発言をするのも好評価につながります。うまくグループの輪に入り、グループ全体に気を配りましょう。

③クラッシャー行為に気をつける

クラッシャーとは「自分の意見を押し通そうとする行為」「議論の進行を妨げる行為」「他者を批判する行為」など協調性に欠けるような行為のことを指します。クラッシャー行為に該当するような発言や行動を行ってしまうと、採用担当者からの評価がマイナスとなってしまうため、注意が必要です。

また、グループ内でクラッシャー行為を行っている学生を放置することも印象がよくありません。うまくクラッシャー行為を緩和してより良い方向へ持っていくことができれば、あなたの評価は上がるでしょう。

面接対策は事前の準備が重要です

この記事では「面接・グループディスカッション対策」などについて解説しました。

面接は事前の準備が非常に重要です。

事前の準備とはただ面接の練習をするだけではなく、「自己分析」や「企業研究」に基づいて「想定質問の回答」を用意し、そのうえで面接のマナーを身につけて練習を複数回行う…という事です。意外とやることがたくさんあるので、早めに準備を始める必要があります。

応募先が決まっていなくても、自己分析や面接のマナーなどは先に取り組んでおくと良いでしょう。

これらの準備を事前にしっかりとこなせているかどうかで、当日の面接がうまくいくかどうかが決まります。

ジョブカフェSAGAでは、個別の面接練習のほか、無料の就活セミナー(面接対策講座、グループディスカッション講座)も随時開催しています。ぜひ利用してみてください。

TOPへ

新規登録